スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


苺だらけのビスコッティ

(2017-04-17)
珍しくピンクのお菓子。

          s苺ビスコッティ03

ドライストロベリーのリキュール漬けが中途半端に残っていて、流石に使い切りたく
使いさしの苺パウダーと一緒に生地にぶちこんでビスコッティにしました。
焼いてる時から苺のいい匂いが!!

使いさしといっても結構な量があったから、焼いてもこんなにピンク色が残った。

        s苺ビスコッティ06

以前にチョコバナナ味のビスコッティを焼いた事がありますが、その時とビジュアルが違い過ぎる!!
色だけでなく生地のカンジまで別物……基本の配合は同じなんだけどね。
前のほうがパッと見はキレイ? っぽいけど、「ビスコッティらしさ」は今回のほうがある。気がする。

味も美味しかったです。ザクザクで苺の風味が強くて。
相変わらず、お菓子が瓶にストックしてある状況が好きだわぁ。

          s苺ビスコッティ02

今回はハナから「紅茶orコーヒーに合うようなお菓子」が作りたくて、ちゃんと甘めにしたので
単に牛乳と合わせただけでも美味しいです。そりゃ苺ミルクが美味しくないワケないわ。

華やかな色のお菓子って意外とテンション上がるな、と再確認いたしやした。
でもそろそろ苺の季節も終わってしまいそうだし、生の苺を使ったお菓子も作りたいなぁ。

          s苺ビスコッティ04
 
スポンサーサイト


紅茶味の飴がけアーモンド

(2017-02-10)
しまった、コレ見た目ただのアーモンドと変わらんぞ。

          s紅茶アーモンド07

若干キラキラしてるのがおわかり頂けますでしょうか。
アーモンドに飴がけをしております。(今回は紅茶風味) いわゆるキャラメリゼですな。

飴部分のカリカリとした食感が楽しくて美味しい!!
アーモンドの香ばしさもキャラメルの甘さでひきたって、美味しさ増し増し。

          s紅茶アーモンド02

アーモンドをよく食べるのですが(カロリーは高いけどGI値は低いので)、
もしコレが甘かったら、甘いものが欲しいなーという衝動が同時に抑えられていいなーと思い
今回のキャラメリゼに至りました。(結局カロリー増やしてる)

紅茶にもコーヒーにもぴったりの、お茶受けとしては最高のお菓子でございやす。

          s紅茶アーモンド05

とは言っても今回の写真は写真映えを意識したものでして、実際は私コーヒーあんまり飲めませんので
この後たっぷり牛乳を加えて飲みました。(要らない告白)

ポリポリ止まらなくなるので、ちょっとずつ出してちまちま食べていこう。

          s紅茶アーモンド01
 


極小サイズのレアチーズタルト

(2016-07-20)
材料がちょっとずつ余ってたので、レアチーズタルトをほんの少しだけ作製。

          sプチレアチーズ02

下のタルトの形が悪いですが、この土台も私の手作りだからでして。
そう、先日このタルト型を手に入れたので、使ってみたいってのもあったのです。
プチフール用でなんと5センチないのですよ!! 敷きこみ大変過ぎ!! そりゃ歪むわ。
でも可愛いのです。型だけ眺めてにやにやしちゃーう。

ホントちっちゃいので、余計なものは入れず、シンプルにチーズ生地のみです。
これが美味しい!!
今回のタルト生地はサブレ用の余りなので若干いつもより甘いのだけど、それが
チーズ(ヨーグルト入り)のさっぱり味とぴったしで、今までで一番美味しかった。
まぁ今回は、我が家にある事が大変少ない「生クリーム」が少し入ってたのが大きいんでしょう。
生クリーム凄いんだな……ちょっと入っただけでこんなに美味しくなるんだなぁ。

          sプチレアチーズ01

今回のお菓子は「ヨーグルト」「生クリーム」「タルト生地」が少しずつ余っていたので、チーズだけ買ってきて作った
いわば「救済お菓子」だったのですが、思わぬヒットでした。
レアチーズケーキってあんまり「作りたい欲」がなかったのだけど、この味ならもっと食べたいなぁ。
上記の材料が2つでも揃ったらまた作ろうかな。(イチから揃える気は無い)
 


おそらく最後の苺ティラミス

(2016-05-22)
今シーズンの苺のお菓子は食べおさめかしら。

          s苺ティラミス01

相変わらずのピックを刺して誤魔化そう大作戦。
苺とチーズとスポンジケーキ生地がちょっとっつ余っていたので全部使ってティラミスにしましたよ。
そーいやカップも余りものだ……余りもの総動員デザート。

粉砂糖があったのでレース風にしようかと思って途中で面倒になったやめた件。

          s苺ティラミス08

苺って結構好きなんだけど、流石にもう時期的に終わりよね……。

ちなみに真横から見るとこんなんです。
もーちょい層をキレイに作るもんなんだろうけど。苺をごろっと使ってるからしょーがないわ。

          s苺ティラミス09

肝心の味は、まぁ美味しかったです。
苺とココアとコーヒー味スポンジとチーズ生地と、ってマズくなりようが無いよね。

でもこのクリームだったらスポンジがメインになるほうが好みだなー。
次作るとしたら、この前書いたみたいにロールケーキだわ。今度はココア生地にしようかな。

          s苺ティラミス05
 


ティラミス風の苺ロールケーキ

(2016-04-14)
苺が安くなってきて嬉しいな。

          ティラミスロール03

ティラミス「風」のロールケーキです。
というのは、中のクリームがマスカルポーネチーズなので。相変わらず生クリームを買わないで生きている。
ほんで上からココアをかけて。でも一番重要なコーヒー要素が無いので「ティラミス味」とは言い難いね。
そして苺を混ぜ込んでおります。あまおうは中まで赤くてキレイですな。

まさかの一番クリームが少ない一切れを写真におさめるという。

          ティラミスロール04


ティラミスロール13ちなみに右の写真→は裏側。こっちからだとそこそこクリームが見えるねぇ。
って差があっちゃダメだろうよ、という話。

今回、これに限らず写真が軒並みダメで、載せるか迷ったんですが
よく考えたら私にしては上出来じゃないか。むしろ自分がどんだけ
出来ると思ってたんだ。と思って載せる事にしました。
クリームの片寄りとか上の中途半端な粉砂糖とかどーでもいーわい。
(ピックを刺して誤魔化そう大作戦)

いつも思うけど、ロールケーキとタルトをうまく切れる人を尊敬します。
ちょっと自分はムリっすわ。
この一切れは糸で切ってみました。ちょっと生地が荒れるかねぇ。


んで、肝心の味なんですが。
美味しかった!! ちょっと、ここ数年で一番ってくらいヒットでしたよ。

          ティラミスロール07

何がいいって、生地です。今回バターは入っておりませぬ。
ふわっふわでしっとりしてて、スフレ生地に近いんだけどもっちりしてんの。
(あんまりしっとりしてるから勿体無くて、シロップを打たなかったくらい)
この配合気に入った!! これ定番にしよーっと。今度はココア生地で焼いてみたいな。

んでめちゃめちゃ軽いです。うーんパクパクいけちゃうよー。
生地もだけど、クリームにも卵(メレンゲ)を合わせてあって、全体的に軽いのですよ。
奥のアップ。パクパク食べた結果もうこれだけ短くなっている。

          ティラミスロール11

どーでもいーけど今回の巻き、丸過ぎないか。
ロールケーキってもっと楕円とか丸みを帯びた四角でもいいくらいだよね。むしろ転がらないのが不思議。

          ティラミスロール01

色々反省点はあるけど、美味しかったので満足です。
ティラミスには柑橘も合いそうだから、夏になったらオレンジでやってみよっかな。
 


真夜中の大ざっぱプリン

(2016-03-19)
とても大ざっぱなやり方でプリンを作る。

          プリン03

プリンって作り方自体はそもそも簡単だけど、更に簡単にレンジで作るやり方があって
それでやりました。お手軽っす。型なんてマグカップ。

しっかし思ってたよりでかい!! 妙にでかい。

          プリン08

底がぽよんとしている。
家にあるフルーツをあつめました。解凍したブルーベリーがしわしわ。

しっかしこのプリンなんですけど、やっぱ大ざっぱな作り方は出来も大ざっぱと言いますか。
味は勿論プリンの味なんだけど(そりゃそうなんだけど)、うーん……。中身がね。

          プリン06

一さじすくった写真なんか撮りたかったんですけど、すくってみてビックリ。
あんま断面がキレイじゃないの。キメが荒くて。
え、プリンでキメが荒いってある? 表面はそこそこ滑らかだったのに。

あ、でもカラメルは美味しかったです。鍋で作るより手軽でよいですね。
そーいや前回(うわ、もう2年前だ)「次はカラメルをちゃんと焦がそう」とか言ってるからそれはOKって事で。

        プリン01

あと、周りのフルーツが美味しかったのでそれに救われた感じです。

やっぱりちゃんとした手順で、蒸しか焼きで作ったほうが美味しいわぁ。
そもそも簡単なんだから手を抜かないにこした事無いわ。
反省。次はもっとそこそこ丁寧に作ります。(ホントかな。)

          プリン04
 


今年も今年できんかん甘露煮

(2016-02-15)
そういえば、今年もきんかんを甘露煮にしましたよ。

        きんかん甘露煮061

年末年始に実家に行く時に持っていくのです。にも載せましたな。
つやっつや!! 私の影が映りこむ程に。

        きんかん甘露煮06

作る過程は、面倒といえども結構楽しいのです。
煮るだけなんだけど、それまでの下準備がね。ヘタ取ってー、切り込み入れてー、種取ってー。
種は、切り込み入れて渋抜きした後に爪楊枝で取り除きます。

   きんかん甘露煮34

その種取りがちょっち大変。一個につき5~6粒入ってるからね。
でも今回、何故か種があんまり入ってなくて。2粒しか無いのとかザラ。なんでかしら。

んで時間をかけて煮ていきます。だんだん透明&つやっつやになっていくのが嬉しい。
あと、煮てる間中ずっといい匂いなのです。やわらかい柑橘の匂い。気分いいわー。

        きんかん甘露煮01

んで出来上がった甘露煮は丸くてつやつやで、とても、なんというか、美しいわー。
つやもだけど、この色よ。ただのオレンジじゃないのよね……濃く透き通った赤みのある琥珀色。
綺麗だわぁ……でも、すぐ潰れそうなくらいやわらかく煮えてるので気をつけねばだわ。

        きんかん甘露煮08

ちなみに今回は渋抜きをし過ぎたせいで、あのきんかん独特の渋みがあまり感じられなかったのです。
私はちょい苦手なので食べやすかったけども、母(これ大好物)には少し不評でした。
来年はもちっときんかんの味が生きるように作らねばだわ。

        きんかん甘露煮10
 


シークヮーサー果実酢その後

(2015-11-28)
うわぁ間あいちゃった!! ちょいとバタバタしておりました。
遅ればせながら前々回の結果報告です。シークヮーサーの果実酢が出来上がりましたよ!!

          シークヮーサー酢09

ちなみに仕込み前はこんなだったワケですね。

          シークヮーサー酢07

おぉ……色が……!!
色と言えば、写真じゃわかりにくいですが、シークヮーサーの皮部分の色がちょっと気持ち悪いのです。
あんなにキレイだった緑色が、なんか……黄土色っていうか……食べ物に有るまじき色になって……。
(あ、でも苺酢の時も色が抜けた苺って気持ち悪かったなぁ)

果実を取り除いて、こしてみましたら、こんなになりましてん。

               シークヮーサー酢11

おぉっ、キレイじゃないの。

シークヮーサー酢12最初、水でわって氷を入れて飲んでみましたら、想像していたほど
「酸っぱい!!」って程ではなくて苦味も無い爽やかな柑橘ドリンクでした。
ただちょっと……なぜか塩味を感じるような気が……。
と思っていたら、その一週間後に飲んだ時にはその味が
消えていたのです。雑味の無いスッキリ味。
なんだろ。お酢の味かな。
梅の時とは違って一週間くらいで出来るらしいと聞いてそうしたけど、実際
ちゃんと漬かって味も出ていたけど、やっぱりそんな短期間だと
お酢の味が残ってたのかしら。
んで時間が経ったら飛んだのかしら。謎のまま。

右の写真は窓のそばに置いてみただけです。
(ちなみに上の写真も右のも、容器に周囲が映り込んでいるように見えますが、
 撮影時にそこそこ苦労したのでヤバいもの(自分等)は写っておりません)
光があたるとキレイですなー。


個人的に酸っぱいのが好きなのでとても美味しいです。好みの味です。
上の容器はわりと大きい上にかなり薄めて飲むので、何十杯も飲めそうだわ。
お酢は体にいいらしいし、朝から柑橘とるのもいいらしいし(ホントかわからんが)これから毎朝飲む事にしようかな。

          シークヮーサー酢08
 


シークヮーサーで果実酢を

(2015-10-03)
シークヮーサーで果実酢を仕込みましたよ!!

          シークヮーサー酢07

去年に引き続き今年も梅シロップが作れなくて。
あぁ、あの酸味が恋しいよ……。
でも、瓶も消毒して氷砂糖も買ったのに梅が買えなかっただけで、準備は万端なワケで……小瓶もあるし
ちょっとだけレモンかキウイでも仕込むかな……と思ってたら、スーパーでシークヮーサーが安売りしてまして。
これでシロップ作ったら美味しいんじゃない? とやってみました。

シークヮーサーって実物見た事無かったんだけど、小さいのね。かぼすみたい。

          sシークヮーサー酢02

洗ってヘタ取って水気拭いたところ。
緑がキレイです。小型のカボチャみたーい、と思って並べておりました。
でも切ってみたら驚くほど種が多い!! ちょっと引くほどに。
取らなくてもいいんだろうけどここまで多いと苦くなるかな? と極力取りましたが、ホント多かった。

          sシークヮーサー酢03

梅と違って一週間くらいで飲めるようなのでとても楽しみ……ですが、
どうなんかな……ただでさえ激すっぱいシークヮーサーを酢に漬けているワケで。
どんだけ酸っぱくなるんだ……酸っぱいの好きだけど楽しみと同じくらい心配。

まぁ失敗したらポン酢醤油にしてしまいましょう。甘いかもだけどきっと美味しい。
また結果報告します。こうご期待。(……とは言えないか……。)

          シークヮーサー酢05
 


残暑の午後にパイン白玉

(2015-08-20)
なんだか妙に……レトロよね?

          パイン白玉01

甘いもの食べたい……あ、パイン缶あるんだよね……でもそれだけだと……と思い
台所をきょろきょろしましたら、白玉粉が目について。
おーこれイイじゃーん。
てな事でカンタンに甘くて冷たいおやつ完成です。

        パイン白玉03

ホントにすぐ出来た!! つるんとなめらか。
いつも「もっと小さくても良かった……」と思うので、小さめに丸めました。沢山できた。
これよこれー。このもちもち加減が好きなのよ。
この浸かっているのはパイン缶のシロップなのですが、この甘さと香りが意外なくらいしっかり
白玉に移ってて美味しいのです。じゅわっとパイン味。

          パイン白玉05

なんだかこれぞ「夏のお菓子」ってカンジだ……缶詰だから一年中作れるとはわかっているんだけど。
真っ青な空の下で暑い暑い言いながらおやつに食べるのもいいけど、なんだか
夕方か夜に縁側で食べたいような気がするわ。
無いけど。縁側。
でもホントに美味しかったから、夏が終わらない内にまた食べよう。

          パイン白玉07
 


暑さに負けてベリーシャーベット

(2015-05-02)
暑い!! まだ夏じゃないのに!!

          ベリーシャーベット01

あまりに暑いと、冷たいもの欲しさに苺ミルクを作ります。
冷凍ベリーと牛乳(+砂糖)をミキサーでガッ。あっという間。
つい多めに作ってしまったので、半分をシャーベットにしました。

          ベリーシャーベット09

凍らして2~3度撹拌しただけです。「撹拌」っつってもフォークでざくざくしただけです。
生クリームやら卵やら入ってたらアイスクリームになるんでしょうな。
まぁこれで充分美味しいです。
苺以外も入ってるので(ラズベリーブルーベリー他)、色だけでなく味も濃い。

        ベリーシャーベット02

撹拌のかいあって口溶けなめらか。
えらいもんで、食べたらスッとクールダウンできました。しばし快適。

しっかし今これだと夏本番はどうなってしまうのか……怖い怖い。
2個前の記事がシチューの内容だなんて信じられないよ。
常備している冷凍ベリーも少なくなってきちゃったし、また新たに買っておかないとな。

        ベリーシャーベット08
 


バナナ風味のブラウニー

(2015-03-03)
写真は珍しく可愛く撮れるよう心掛けました。(背景がピンクなだけだ!!)

          RBブラウニー01

久し振りにブラウニーで御座います。別にバレンタイン用とかではないです。
駄目になりかけて冷蔵庫にほうり込んでおいたバナナをそろそろ使いたくて
生地に混ぜ込みました。

山ほど出来ましたよ。
          RBブラウニー07

まぁまぁ美味しかったです。
いきなり思い立って作ったので、バターの代わりに油(少なめ)を使ったのですが
そのせいか表面が……なんと言うか……可愛くない。(?)

バナナは粒が残るよう粗めに潰したのですが、食感も香りも味も(全部じゃないか)
あまりありませんでした。

        RBブラウニー03

うっすらと青臭さがあるような……昔作ったバナナビスケットを思い出したよ。
いや、このブラウニーは美味しかったのよ、本当に。
(しっかしこのビスケットの記事、タイトルに「惨劇」って……)

でもやっぱりバナナは入れる必要なかったわぁ。
次作る時には今まで通りラムレーズンか胡桃を入れる事にします。

          RBブラウニー10
 


紅茶マカロン(レモンティー味)

(2015-01-21)
わー、久々に一ヶ月以上空いちゃった!! 広告出ちゃった!!
先月末に引っ越しをしてバタついておりました。

          sP1000097s.jpg

久し振りのマカロン、紅茶味でございやす。
忙しいのにそんなものを作っ……? と思われそうですが、これは去年焼いたものです。
卵白が余ったか何だかで、急に気が向いて作ったのです。
いつか載せようと思っていたら年を越してしまったぞ。

          sP1000090s.jpg

気紛れに作ったわりにはマシな出来!! ピエも高さも出たし!!
うっすら焼き色がついてしまったのは、まぁ、許容範囲という事で。

急だったので紅茶しか味付け出来るものがなかった。(紅茶葉とリキュール)
はさむものもレモンマーマレードしかなかったのですが、ちょうどレモンティー味になったので結果オーライ。

        sPP1000108s.jpg

大きいのと小さいの、サイズ違いで作ってみました。大きいほうが齧る楽しさがあるかな。

ちなみにこの左のグラス、マカロンと比べるとその小ささがわかりましょうが
実はおちょこなんです。コンビニで杏露酒か何か買った時のおまけなんですが、可愛くてお気に入り。

          sP1000102s.jpg

表面がテカってて嬉しい。マカロンは作るのが難しいだけに、つるんと出来るとニヤニヤしちゃう。
味もなかなか良かったのです。マカロンて甘過ぎる事が多いけど、今回はこのマーマレードが
甘さ控えめのものだったし、レモンピールの苦味も合ってて、ちょうど良かった。

          s1P1000079ss.jpg

またちょっと忙しくなるので更新が滞るかもしれないけど、今年もいろんなものを作って、
どんどんマンガも描いて、今まで以上に美味しいものを沢山食べて過ごしていきたいです。
今後もよろしくお願い致します。

          sP1000104s.jpg
 


栗メドレー ④最後はモンブラン

(2014-11-09)
栗メドレーの最後です。栗と言ったらコレですよ。

          モンブラン21

モンブラン!! これが一番食べたかったのです。
珍しく手をかけて作りました。絞りがイマイチですがまぁ出来は満足。
(ピックとトレーで5割増くらいになってる気もするけど)

      モンブラン14

美味しかった!! 栗の味が濃くて。モンブランあんま食べないから久し振りだ。

ちなみにピックが赤いのと金色のとでちょっと違います。……って言うほど違わないかね。
金色(下の写真で左)のは下の部分にローストしたココナッツファインをつけました。

      モンブラン06

(わざわざ用意したワケでなく、以前ココナッツクッキーを作った時のこぼれ生地)
下部の絞りがあまりにアレだったので、隠したかっただけだったのですが
味より食感の面で結構良かったです。カリカリとね。

          モンブラン11

うっ……絞りのヒドさが誤魔化せてない……まぁいいや。

ちなみに中身ですが、通常はメレンゲ+生クリームに栗が入ってたりするんでしょうが
自分好みにしたく、ココアクリームにしました。
ほんでもって、前回のブッセに続きここでもラムレーズン。栗クリームと合うんだもんよ。

      sモンブラン08

ところで今回、底面はココアスポンジなのですが、これに関しては手作りではありませぬ。
市販のロールケーキからひっぺがして使いました。(おい)
薄いのを2枚重ねたように見えましょうが、薄いので2枚重ねたんです。

だって底・中身・周りの3種も作るなんて……そんなんムリだよ……力尽きてしまうよ。

          モンブラン23

これにて栗メドレーは終了です。
我ながら食べ&使い尽くしたと思う!! 貰えてよかった。感謝です。

栗って買った事無かったけど、来年から自分で買ってまた色々作ってみようかな。

         モンブラン18
           


栗メドレー ③ブッセが山盛り

(2014-10-31)
栗メドレー3品目は焼き菓子!! クリームにしてブッセにはさみましたよ。

          マロンブッセ06

前回の栗の渋皮煮、そのままでも美味しく食べたけど、元々クリームを作る予定だったので
裏ごし器なんて引っ張り出してきて(てか初めて使ったわ)、頑張ってこして
牛乳と砂糖を加えてクリームにしましてん。(相変わらず生クリーム不使用)

そしたらまぁ大量に出来まして。
元々予定してたお菓子(次回記事で書く)を作っても余りあるな……と思ったので、これを焼いた次第です。

        マロンブッセ02

小さいけど、要はスポンジ生地なのよね。ケーキの材料(卵・粉・砂糖)で出来るっていいね。
別立ての分、卵を泡立てるのが大変ですが。
天板に丸く絞って粉砂糖をかけて、ちょっと焼いたらもう完成。
(写真の白い部分は粉の焼け残りではなく粉砂糖っす)

          マロンブッセ16

小さいのやら歪んだのやら形も大きさも色々。これはこれでいいのですよ。

んで、クリームだけでは何なので、一緒にラムレーズンもはさみました。
一個につき1~2粒だけだけど。
でも、それでラムの香りが充分だったので、栗の風味を消さない為にもそのくらいでちょうどよかった。

          sマロンブッセ11


ところでですね……。
ブッセ祭りこの写真に載ってるのは、実は作ったののほんの一部です……。
こんなに多く出来るなんて……知らなかったよ……。
だって卵2個しか使ってないんだよ……? 卵のポテンシャルすごいわ。
天板5枚くらいになったので、何回も焼くのが大変でした。
それより……食べるのが大変だろって話だよ……。
48個出来たんですよ。
お菓子を作り過ぎる度に自分で数日かけて食べきってたけど、流石に
この量はムリだわ……。

と思ってたら、2日であっという間に食べ切りました。まさかだよ。まぁ軽いお菓子なんでね。
表面はかさっとしてて中はふんわり、軽いぶん濃いめのクリームとよく合います。

          マロンブッセ00

ちなみにこのお皿、私が持ってるので一番上品なものですが(貰い物)、お気付きの方もいましょうが
実はソーサーなのよ。なのですよ。
だって他にこんな柄つきの食器なんて持ってないのよ。
いずれカップと一緒にしれっとまた出てくるでしょうが気にしないで下さい。

          マロンブッセ04

今回は栗クリームがメインだったわけですが、ブッセ自体もなかなか美味しかったので
いつか他のものでもやってみたいです。抹茶とか苺のバタークリームとかいいよね。
でもその時は卵は2個でなく1個にしよう……うん。

          マロンブッセ09
 


栗メドレー ①渋皮煮 ②栗ご飯

(2014-10-21)
栗を貰ったので色々作りました。自分で買わないから嬉しい!!
まずは渋皮煮。

        s渋皮煮01

そして栗ご飯です。

        栗ご飯03

届いた栗を持って「わーい」とひとしきりウキウキした後にいそいそ調理開始です。
渋皮煮って大変だと聞いていたけど(実際簡単ではなかったけど)、わりと面白かったです。
鬼皮(って凄い名前だよね)むくのも、だんだん煮詰まってツヤツヤしてくるのを見るのも。

           s渋皮煮06

向こう側に見えてる瓶にいっぱい詰まってますが、入りきらなかった分もあります。
潰してクリームにする予定もあったので多めに作りました。貰ったのの3分の2くらい。
(ちょっとこの写真は冷蔵庫から出したてで若干表面がザラつき気味ですが)

        s渋皮煮04

ちなみにこの葉っぱのお皿お気に入り。

んで、残りの3分の1は栗ご飯にしましたよ。こちらもたっぷり出来ました。
栗おこわ(もち米)と散々悩んで結局ご飯に。

           栗ご飯06

ちなみに背後に見えているのはこの日のおかずの豚バラです。焼いてお醤油かけただけの。
この日のメインは栗ご飯だからいいのです。(右はイカ団子入りのお吸い物)

        栗ご飯04

渋皮煮もご飯も、栗がほくほくで美味しかったです。あーこれが秋の味なのね。
この後も色々作ったので追々書きます。まずは渋皮煮と栗ご飯でした。

        s渋皮煮03
 


ビスコッティ(チョコバナナ味)

(2014-09-21)
二度焼きするお菓子、ビスコッティ。

            sビスコッティ10

いつもチョコチップを入れて焼くんですが、前に買っておいたドライバナナが余っていたので
入れてみました。
まぁ「チョコ&バナナ」なんて合わないワケないとは思っていたけど、予想以上に美味しい!!
茶色に光ってる部分がバナナ。牛乳が進みますわぁ。

          sビスコッティ13

……おかしい……なぜ底が平面でないのか……。
二度目の焼成時に生地が浮いただけなんだけど。テキトーに作り過ぎたかな。(いつもジャン)

数本食べて、残りは瓶にストック。
ちなみに私はこの長めタイプが好きです。丸まっちいのも好きだけど。
いつも長く作り過ぎて瓶に入らないので、今回はこれでも短めに作ったほうです。

            sビスコッティ08

お菓子が瓶にストックしてある状況が好きだわ。

本来はワインに浸して食べるお菓子らしいですが、そんな食べ方した事無いよ。
まぁいつかやってみ……ないだろうな、きっと。

          sビスコッティ03
 


抹茶アイス大福を思う存分

(2014-09-08)
緑色が目にも美味しい抹茶アイス大福!!

            s抹茶アイス大福03

早く撮らんと溶ける溶ける!! というワケで今回はいつにもまして写真が少なめです。
今回は、いつも「美味しそう」と思って買ってはすぐ食べ終わってしまい「足りない……」と思う抹茶大福
一度思う存分食べてみたいと思い、自分で作ってみた次第です。

意外とうまく出来た!! 美味しかった!!

          s抹茶アイス大福09

つってもですね、粒あんは缶詰、アイスはスーパーカップ(抹茶味)でして、
手作りしたのは餅部分のみです。
そりゃ味はいいわ。これ「作った」って言うのか。「包んだ」だけじゃないのか。
でも包むの結構大変だったけどね!!
(事前に粒あん+アイスを丸めて凍らせたんだけど、餅で包む時にどんどん溶けてきちゃうし)

後ろのトレーにも見えてますが、幾つも出来まして、期待通りの食べ放題でした。

          s抹茶アイス大福13

でもですね、コレ結構ひとつが大きくて、一度に2個で充分でした。予想外だ。
あとやっぱりどんどん溶けてきちゃうので食べるのが大変で。
ちなみになんで「アイス」にしたかというと、「抹茶クリーム」だと生クリームを買うのも泡立てるのも
抹茶パウダーを混ぜるのも面倒だったのです。
(ここまで市販品使っといて面倒も何も無いよね!!)

            s抹茶アイス大福04

まぁその唯一の手作り部分である餅が予想以上に美味しかったので良しとしよう。
白玉粉で簡単に作るやつなんだけど、もちもちで。時間たっても固くならなくて。これいいな。
今回ちょっと飽きるくらい存分に食べたので、また味を忘れた頃に作ろう。

春は苺大福にしようかな。冬にみかんもいいね。楽しみだわ。

            s抹茶アイス大福02
 


2層の野菜みかんゼリー

(2014-08-07)
みかん缶が安くて嬉しくて作った、簡単なゼリー……のはずが。

            sみかんゼリー02

なんじゃこの不恰好、と思われそうですが、この写真はマシなほうです。
ゼラチンの量をおもっきし間違えました。そこしか注意するとこないのに驚くわ。
本当はしっかりセルクルで型抜き出来るほどに固めの仕上がりになるハズでした。

            sみかんゼリー01

エッジが!! 円柱の形してない!! ゆる過ぎて型にひっつきまくって「表面張力!!」ってなった。
まぁ、中のみかんがずり落ちる程でなくて良かったけども。
固いゼリーが食べたかったんだけどな……。
ちなみに「みかんゼリー」って言ってますが、みかん要素は上のみかん部分だけでして
下のオレンジの層は野菜ジュースです。

            sみかんゼリー03

作業時間6分(冷やす時間除く)ぐらいの簡単なお菓子でも、こういう事が起きるという話。
ちなみに友達に「失敗したー!! こんなんなった!!」と写真を見せたら
「……これは……でも、口どけなめらかなゼリーを作ったって事にすればいいんじゃない?」と言われました。
それイイな。……じゃぁ、そういう事で。

            sみかんゼリー06
 


どーかしているレモンパイ

(2014-07-14)
レモンのパイで御座います。うまく切れなかった写真をトップにもってくるかね。

          sレモンパイ07

上層の白いのはメレンゲです。王道のレモンメレンゲパイ。
表面の焼き目が香ばしいメレンゲは結構甘くて、下の酸っぱめのレモンカードと合います。
……なんですけど、残念な事に、イマイチの出来でしたよ。

          sレモンパイ03

いや、美味しいのよ。味は美味しいのよ、一応。
でもねー、まさにそのメレンゲがね……暑くてダレちゃってね……もうちょっと盛りたかったな。
表面も、もーちょっと焼いたほうがもっとカリッと香ばしくて良かった気が……。
(写真は濃く見えますが、わりと焼き色薄いんです、実物は)

          sレモンパイ02

もっとツノをちゃんとつけろという話。
下のパイ生地はわりとうまく焼けたと思ったんだけどな。(手抜きのわりには)

不精しないでイタリアンメレンゲ(面倒だけど泡がしっかりしてるやつ)にすれば良かったんだろうな……。
でも、最も心配していた離水については時間が経っても問題無しでした。
焼きたてもいいけど、やっぱり冷やしたほうが美味しい。レモンの酸味がたまらん!!

             sレモンパイ04

結構メレンゲには慣れたつもりだったけど、泡立てが足りなかったというよりキメが粗かったような。
まだまだ修行が足りませぬ。(そもそもしてないけど修行)

ちなみに余り生地と余りクリームで2台目も作ったんですが、そっちもイマイチでした。
(クリームの表面がヘンにヒビ割れた)
……うーん……3台食べる気は無いので、いつか味を忘れた頃にリトライしてみようかな。

          sレモンパイ15
 


バナナ&苺のスムージー

(2014-07-06)
バナナと苺の簡単ドリンク。久々に自分内ヒットが出たんだぜ!!

        sバナナ苺スムージー1s

凍らせたバナナと苺を牛乳と一緒にガッとやっただけです。でもコレ相当美味しい!!
飲んで「うわー売ってるやつー!!」ってなりました。
しゃりしゃりで、飲み物というよりデザートに近いのです。うー美味しい美味しいよー。

          sバナナ苺スムージー9s

見た目を良くしようと、仕上げにチョコソースとクルミ少々。
でも飲んでびっくり、このチョコの味が凄く合ってて味が引き立ってイイのです!!
バナナと苺なんだから、チョコが合わないワケないよね。
(言い忘れたけど砂糖も入れてるので、ちゃんと甘いです。砂糖無しだとちょっと物足りない)

          sバナナ苺スムージー90s

これが実質今春最後の苺でした。(流石に今月ではないのよ。ちょっと前の話よ)
今回のコレは、最後の最後に安売りしてた苺を買いだめて半分冷凍した時に
たまたま余って困って冷凍していたバナナがあったので、気紛れに合わせてみただけなのです。

それがこんなに美味しくなるなんて!! 感動ですよ。
これハマっちゃいそうだなー。いろんな果物でやってみたいなー。

            sバナナ苺スムージー3s

夜もいいけど、朝にくーっと飲むのがいいです。(起きぬけだとお腹壊しそうだけど)
明日の朝アレ飲もう♪ と思って眠りにつくというのもいいものです。
今年の夏はミキサー常備だな。冷凍してある苺、ちまちま使っていこう。

          sバナナ苺スムージー91s
 


グレープフルーツを煮ましたよ

(2014-06-03)
グレープフルーツを煮てみました。正確にはジャムでなくコンフィチュールですな。
「呼び方違うだけで同じ物」と思われてるくらい似たようなもんだけど。

          sグレープフルーツ11

煮詰めてないので、ちょっとフルーツソースに近いくらい。
こうしてミルク寒天にかけても美味しいよ。

          sグレープフルーツ065

ちなみにこの寒天はいかにも「自分で作った」ふうに書いてますが、市販のを型で抜いただけです。
美味しいんだ、ファミマの牛乳寒天。(3個入り163円)

拡大するとこんなカンジ……って、瓶が冷たいから曇っちゃってもう。

          sグレープフルーツ06

なんとなく2色っぽいのは、今回グレープフルーツを1個半使ったのですが、その半分がルビーだったからです。
そんな真っ赤なやつじゃなかったけど、もしそうならもっとコントラストが綺麗だったのかな。

          sグレープフルーツ05

今回コレを作るに至ったのは、しょっちゅうグレープフルーツを食べるのでよく買うのですが
ちょっと食べるタイミングを逃して買ってから間が空いてしまったので、生だと気が引けたからです。
かと入って鍋でコトコト煮込むほどには根性も無く。簡単にコンフィチュールに。
ゆるさはこんなカンジ。

           sグレープフルーツ064n

てかこの「スプーン持ち上げた状態」の写真って皆どうやって撮ってるの? 左手もカメラ持つ右手も
プルップルだったんだけど。(他数枚は全部ブレてた)

このゆるさだとパンにも「塗る」ってより「のせる」ってカンジで、水分も染みこんでしまうのだけど
そのじゅっと染みたところがむしろ美味しいのです。

          朝ごはーん8

どーでもいーけどこの写真さわやか過ぎじゃない? ザ・朝食ってカンジだわ。メニューたいした事ないのに
なんかネットの「朝食」がテーマのコラムに使われてもおかしくない写真じゃないの。(調子乗んな)
ちなみにこの時のコレ、私の「スクランブルエッグ史上」最高の出来でした。美味しかったー。

しっかしクッキーでもなんでも、食べ物って瓶に詰めると可愛く見えますよね。

               sグレープフルーツ061

ちなみにお酒で割っても美味しい事が判明したので、しばらく自家製グレープフルーツサワーも
楽しめそうです。(って、こういうとグレープフルーツから育てたみたいね)
他にも使い道ありそうでちょっと楽しみ。

「ジャムを煮る」って、どうにもスイートホーム風というか、ほんわか感が漂うイメージがあって
あんまり興味無かったけど、やっぱ手作りするとそこそこ美味しいですね。
今度他のフルーツも煮てみようかな。

          sグレープフルーツ19
 


苺タルトも食べ納め……かね

(2014-05-17)
もう苺の季節も終わりですなぁ。

          sP1000043s.jpg

小粒の苺が売っていたのでタルトにしました。
珍しくカスタードクリームが食べたい気分だったので、タルトだけ焼いて中身詰めただけ。
あ、カスタードの下にチョコクリームも薄く塗ったんだったかな。
苺がほどよく酸っぱかったので、クリームと合って美味しかったです。


        sP1000024ss.jpg

小粒苺を詰め込んだタルトって見た目が可愛いハズなんですが
どうにも不恰好なのは、これタルト自体が小さいんです。10cmのリングなんで。
でっかいタルトに敷き詰めたら可愛いし食べやすいんでしょうなー。味は変わらんけども。

ツヤ出しにナパージュやら塗るべきなんでしょうが、今回は元々イチゴがツヤツヤだったんで省きました。
面倒だったワケではありまガッ(噛んだ)。

          sP1000035s.jpg

ベリーを焼きこんだタルトも好きだけど、こうしてのっけただけのフルーツタルトも好き。

ミントの葉とかオシャレなものが無いので、彩りに一個だけヘタを残したまま飾ったけど
アレだね、あんまり緑緑してないね。(読み方:みどりみどり)

          sP1000027s.jpg

時期的に、苺を使ったお菓子はもうこれで今春最後になんのかなぁ。
もーちょっと食べたいんだけどな。今は安いし。
明日売ってたら買ってこようっと。

          sP1000034s.jpg
 


マドレーヌ……なのですけども

(2014-05-10)
久々にマドレーヌを……焼いたんですけれども……。

          P1000165s.jpg

見た目が……い……いまいちっ……!!
ちょっと気泡入っちゃってるし……型離れもいいとは言えなかったし……。
そう、今回はこのシェル型を久し振りに使ってみたいというのもあって。シェルはシェルでも丸いやつ……コキーユと
いうのかしら。(ちなみにこの記事で書いたやつです)
丸くて可愛いのを想像していたのに……ちょっちガッカリ感が否めませぬ。
私にしては珍しく、「型にバターを塗って強力粉はたいて冷蔵庫で冷やして」っていう超正式な型準備まで
したのに……むしろこの型ならバターだけで良かったんじゃないか、とも思ったり。

あ、でも味は問題無かったんすよ。こういう「もさもさ系」苦手なんだけど、ちゃんとふんわりしっとりで。
(ちなみにクルミ入り)
裏もうまくいきましたよ。へそも出ましたよ。

        P1000159s.jpg

真ん中の生地が盛り上がったとこ、とかく出来の目安にされる「おへそ」ですが
作る直前に「でも実は成功かどうかには直に関係無い」とかなりちゃんとした本で読んだので
そんなに気にはしてませんでした。が、やっぱり出ると嬉しいものですな。へそ。
オーブン覗きながら「おぉっ、出ましたよー」と喜んでしまいましたよ。

うぅ、それだけに今回の見た目はちょっ……悔しいな……。
かと言って「じゃぁ近い内リベンジ!!」ってほど頻繁に食べたいお菓子でも無いんだよね。
次に作る時にはもっと気をつけます。うん。

        P1000168s.jpg




簡単プリンが一番美味しい

(2014-04-19)
プリンほど簡単で美味しいお菓子があるかねぇ。

          ssプリン2

というワケで久々にプリンを作りましたよ。
家にあるもの(卵・牛乳・砂糖)ですぐ作れるお菓子の中で恐らく最強に美味しいものだと思うのです。

でも今回カラメルの色がちょっと薄かったなぁ。焼く前はもっと焦げ茶色だったんだけど。

          ssプリン5

冷凍ベリーでちょいと色味と酸味を加えてみました。ちょっとは見た目可愛いかしら。
ちなみに型はゼリー用のを使いました。よく見ると菊型ではないのよ。
(カシスを見ればわかるかもだけど、結構サイズ小さいです。下の写真が実物大くらい)

        ssプリン1

ちなみにプリンにかなり重要と思われるバニラエッセンスやバニラビーンズを一切加えてません。
何度か書きましたがバニラ味苦手なので。

変わりに紅茶エッセンスを入れて紅茶風味にしました。
カラメルの風味と甘さの後にふわっと紅茶の香り!! むっちゃくちゃ美味しい!!

        ssP1000120.jpg

プリンの作り方は色々だけど、今回は蒸し器もフライパンも使わず、オーブンで湯煎焼きしました。
なんだかんだ言ってこれが一番見た目キレイに出来る気がする。
表面がつるんとしてて、中もスが入ったりせずなめらか。くちどけなめらか。

ちなみに今回作るに至ったのは、友人が電話の向こうで「あー手作りプリン美味しい」を連呼した為です。
ホントに手作りプリンて美味しいよね……また作ろう。
その時はもっとカラメルを焦がさないとだわ。

        ssP1000146.jpg
 


ありものでクッキーサンド

(2014-04-14)
タルトの余り生地でチョコサンドクッキー。

          P1000066sss.jpg

チョコの表面が滑らかでないのは、単に私がもたもたしていたからです。
(あと、苺(ピンク)のほうは、こういう溶かして使う用ではないチョコを無理矢理使ったので)
味には問題無いからいいのです。所詮自分おやつですから。

せっかくなんで小さい型で真ん中抜いてみました。魚がそこそこ可愛い。(か?)
抜いた部分もちゃんとサンドに。(奥のやつ)

          P1000070s.jpg

相変わらず焼きムラのついてしまう我がオーブンよ。
こういう大きめの型だと特に。同じ厚さなのにツートーンみたいだな。

          P1000071s.jpg

一度にクッキーを2枚食べてるワケですから(しかもチョコと一緒に)、食べでがある……。
もさもさと。まぁまぁ美味しかったです。
余り生地で一回分のおやつが出来るんだからイイよね。テキトーとはいえ。
でもまぁ次の機会があったら、その時はちゃんとしたチョコを使ってちゃんとした手順で作ってみるかな。

          P1000067s.jpg
 


ミニチョコタルトに苺をのせる

(2014-03-23)
チョコを使った簡単ミニタルト。これは美味しい!!

          P1000045s.jpg

タルト生地が残っていたのでマフィン型で焼いてミニタルトにし、余っていたチョコをガナッシュにして絞り、
ココアを振りかけ、最後に余っていた小粒の苺を。(仕上げにアラザンを数粒)
余りものの寄せ集めで美味しいお菓子が出来ましたよ。

この4つだけですけどね。何せ余りものですからね。

          P1000060s.jpg

チョコはいわゆる普通の板チョコです。100円のやつ。
(そもそもクーベルチュールなんて買った事も使った事も無いけれど)

          P1000057s.jpg

ケーキピックでも刺せば見栄えもしたんでしょうが、何せ小さいので幅が無く。
せめてもの飾りにアラザンをのせました。ピンクのと2色なんだけどわかりにくいね。

奥の二つは絞り(の量)を変えてみた。右は多め、左は少なめ。
多いのは見た目がアレな上に、食べたらチョコの味しかしないカンジだったよ。

       P1000051s.jpg

敷き込みが難しくてガタつき気味。小さいのもあるけど、それ以前にマフィン型だし。
でも上にクリーム絞っちゃえばある程度アラは隠れますがね。

          P1000063ss.jpg

ここの写真は今まで携帯で撮っていたのですが、最近(期せずして)ちょっといいカメラを
手に入れたので、今回調子に乗って多めに載せています。

しっかし、こーいうのがちょっと食後のデザートとして冷蔵庫に控えてると嬉しいよね。
いつもよりちょい丁寧に紅茶を淹れてみたくなるというものです。
いつかまた余り生地でなくちゃんと作ってみよう。

          P1000059s.jpg
 


深夜1時のパンケーキ

(2014-02-17)
夜中に一番食べちゃいけないものって何だと思いますか?

          パンケーキ90s

私は「バターで焼いてシロップとチョコたっぷりかけたベリー添えパンケーキ」だと思うのです。
えぇ、思うだけです。モリモリ食べるよ!! だってお腹空いたから仕方無いよ。(開き直り)

          パンケーキ9s

ちょっと照明に凝ってみた。

これは、ちょっと前に「水切りヨーグルト」のマンガで描いた、手作りリコッタチーズを入れているのです。
ふわふわ、というよりしゅわっとした食感。(別にチーズの味はしない)
パンケーキ特有のもさもさ感が一切無いのです。美味しーい!! いくらでも食べられるぜ。

          パンケーキ94s

ちなみに白いのは生クリームではなくヨーグルトです。相変わらず生クリーム不使用派。
散らしてあるベリーは冷凍ものです。これとても便利。
あとはハーシーズ(私はズを付ける派)のチョコソース。これもとても便利でかつ美味しい。

チョコソースをかける前はこんなん。(ここでやめとけばいいのにとは思わない)

          パンケーキ5s

本当に美味しかったので、今後も定期的に作りたい……けど、そうそうリコッタを作らんからな。
まぁ久々に食べるくらいがちょうどいいのかもね。
 


フロランタンをちょいとだけ

(2014-01-20)
余り生地でちょいとだけフロランタン。

          フロランタン2s

先日タルトを作った時の余り生地が本当に中途半端な量で、どうしたもんかと思っていたら
フロランタンの写真を見かけて、久々に食べたくなってしまったのです。

クッキー生地にアーモンド入りヌガーを流して二度焼きするお菓子です。
やっぱり生クリームを買う気がおこらず牛乳使用ですが。
このお菓子はちゃんと生クリーム使わないと、見た目がよろしくないのよねぇ……。
まぁ少量だし食べるの私だけだし、問題無し。

          フロランタン7s

クッキー部分は薄めです。最初から言ってますが生地が少ないので。
でもこのほうが美味しいかも。というか好み。
市販のってクッキー部分が厚くてちょっとケーキみたいなんだもんなぁ。(本来そういうモンなんだろうけど)


フロランタン1ssちなみにこのお菓子は、切り落とした端の部分がもっとも美味しいのです!!
出来上がりは右のように一枚で焼きあがるので、適当な大きさに切り分けるんですが
クッキーからはみ出たキャラメル部分がカリカリになりましてね。
食感最高のアーモンドキャラメルです。ポリポリさくさく。

「フロランタン」で検索してお菓子ブログなんか見ても、多分ほとんどの人が
この事を書いているのではないでしょうか。
「切り落とした端は私の分!! 作った人の特権!!」みたいなね。
見た目がアレなんで人にはあげられないけど、だからこそ堂々と自分のおやつに。
ここを食べられるってだけでも作る価値がありますわ。


ちょっとだからあっという間に食べてしまった……。
美味しかったし、スライスアーモンドもまだあるから、今度またちゃんと作ろう。
大きく作れば端っこ部分も多くなるしね。楽しみ楽しみ。

          フロランタン5s
 


パイナップルタルトをもさもさと

(2013-12-28)
またタルト。パイナップルの丸型タルトです。

          パインタルト993sss

あっ、写真に英字が入ってますよ!! 初の文字加工ですよ!! 料理ブログみたい!!
別に写真がヘタで不自然な余白が気になったとかじゃないんだからね!!

今回タルトリングを使ったんですが、なかなか敷きこみはマシな出来だったんじゃないかと。
(でも「マシ」レベル)

          パインタルト2ss

本当は久々に桃のタルトが食べたくて、完全にピーチタルト腹だったんだけど
スーパーで買おうと思ったら白桃の缶詰がもんのすごく高くて。なんと500円近く。
えっ何があったの? つーか500円あったらそのお金で市販のピーチタルト買うわ!! となったところに
隣でパイン缶がいつもの値段で売っていたので、急遽変更しました。

パイナップルも美味しいよ!!
欲張って表面にも乗せ過ぎて、アーモンドクリームの焼き目がちょっとしか見えてないよ!!

          パインタルト999sss

ちなみに中身は、パイナップルと、タルトの定番アーモンドクリームなんですが
酸味が欲しくて甘さ控えめのレモンマーマレードも敷いてます。
(あと、スライスアーモンドとピスタチオ)
果物のタルトっていつも同じ見た目になるよなぁ。
そしてタルトは切り分けるのが大変だ……丸ごとかぶりついたろうか。

          パインタルト01_3s

肝心の味ですが、元々パイナップルは大好きなので大変好みの味でした。結果オーライ。
甘過ぎてくどくなっちゃうかな? と思ってたんだけど、パインの酸味も残ってて
ちゃんとバランス良い味に仕上がっておりました。
よく考えたら桃の時もさっぱりしてるしね。

ちなみに下に敷いてあるギンガム生地は、私が夏中ずっと着倒した部屋着です。
(要らない情報をわざわざ書いてみる)
でもホント美味しかったです。次のタルト作成時もパイナップルにしようかしらね。

          パインタルト8s
 


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別記事数
リンク
プロフィール

くろみや(黒友みやこ)

Author:くろみや(黒友みやこ)
 
個人HP新くろみや館の中の
食べ物ページです。
(通常の日記はHPに別に有り)

手作りお菓子や食事について
時々記録します。
(レシピ紹介ではないです)
たまに食べ物マンガも描きます。
 

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。