スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オレンジ風味の焼きメレンゲ

(2010-11-23)
クッキーのような見た目の焼きメレンゲ。

          オレンジメレンゲ3

でもクッキーとは違ってめちゃくちゃ軽くて、さくさくしていて
すぐに口の中でしゅわっと溶けるような食感です。

最近メレンゲの作り方を見直したら、ちょっとマシに出来るようになった。
桜口金なんかで作ったら可愛いんでしょーが、そんな可愛いアイテムは持ってない。

          オレンジメレンゲ7

焼き色がついてるように見えますが(実際少しついてるけど)
オレンジ味なので、少しオレンジ色をつけたのです。

何故お菓子はビンに入れるとキレイにみえるのだ。

          オレンジメレンゲ1

以前は最後のほうになると筋が消えてしまってたのだけど、
最近はずっと泡が消えずに出来ます。嬉しい嬉しい。

絞り終わりは圧巻。

 オレンジメレンゲ92   オレンジメレンゲ93

このポッテリ感がかわいいよなー。

卵白はいっつもフィナンシェに使うのですが、この焼きメレンゲは
材料少ない上に簡単なので、パワー無い時にはこれを作ります。
少しの卵で沢山出来るしイイよね。(今回もコレ、卵白1個しか使ってないのですよ)

私めったに手作りお菓子を人にあげたりしないのですが、
このお菓子は食感が面白いので、人に渡してしまった事が過去3回。
(今年の春のこの記事にもちょっと書いてるね。)

   オレンジメレンゲ5   オレンジメレンゲ0

ビン入りじゃない時はこんな(写真右の)カンジで。コレは実際人に渡してしまいました。
……「メレンゲ」の綴り、あってたかな……。(ちょー今更!)

今後も人に配れるように、もっと上手くなりたいのお。
また練習がてら近々作ろうかな。今度は違う味で行ってみよう。
 
スポンサーサイト


レモン&ネーブルの酸っぱ過ぎカード

(2010-11-17)
あぁもう、本当はもっとキレイな蜜柑色なのにー。

          レモンネーブルカード3

どう頑張っても、携帯カメラで撮った写真と同じ色で表示されない……。
本物はもうちょっとオレンジ色が強いです。
つってもオレンジではなくネーブル。レモンとネーブルのカードです。
卵入りバタークリームですな。

定期的に作ります。実は卵黄消費対策なのです。(いつもはレモンのみだけど)
作り初めはクリームってほど粘度がなくてさらさらしてるのだけど、↓

          レモンネーブルカード1

冷やして食べる事には、ある程度とろみがついております。
ゆるめのプリンくらいですな。
冷たいのを、焼きたてあつあつの食パンに
マーガリンよろしく塗って食べます。うまし!!

          レモンネーブルカード7

酸っぱいです。酸っぱいのが苦手サンには無理なくらい。
この甘酸っぱさが美味しいのですよ。超好み。
焼きたてパンに塗るのが最高なんですが、他にも色々使えていい。マカロンとか。

私、タルトのアーモンドクリームの甘さって少々苦手なのですが
その下にこのクリームを塗ると、酸味が入って丁度いいです。
バターなら溶けちゃうんじゃ、と思いきや、卵黄が入っているので平気なのよ。

前述通り、卵黄消費用のメニューでして
よくフィナンシェを作るので、その卵黄消費の為に作り始めたのですが
あまりの美味しさに定番となっております。

          レモンネーブルカード6

ちなみに今回ネーブルを混ぜたのは、レモン果汁が足りなかっただけ。
いつもよりいい匂いになったけど、味はそんなに変わらなかったかな。

今週末の朝はこれでパン幾ついけるかしらねー。
 


ミニマカロン(苺ミルク味)

(2010-11-07)
おお、今回はわりとうまくいったぞ。

          苺マカロン1

苺ミルク味のマカロンです。(生地もクリームもフリーズドライ苺入り)
薄ピンクのお菓子は写真の撮り方が難しい……。

          苺マカロン5

小さめサイズです。(500円玉より一回り大きいくらい)

ピエ(出来の目安になる、下部のぴよぴよした部分)が、今までで一番うまくいった。
「縦方向に出るのが好みだけど、ミニサイズだから横方向に出たほうが様に
 なるよなー」と思っていたら、その中間位の丁度いいカンジで出てくれたのです。

 苺マカロン91   苺マカロン9

私は「食べたい」メインでお菓子を作っているので
お菓子作ラーにとっての「課題」「醍醐味」の2大要素(と私は思う)として
よく話題になる「マカロン」も「シフォンケーキ」も
特に好きでもない為、全然作る気も食べる気も無かったのですが
ある日ふと「マカロンて美味しいかも」と思い立ち作ってみたのです。

……こんなに難しいモンだと知らなかったんだよ。
それにさ、どのお菓子も焦がさなきゃ大抵食べられるけど、マカロンの場合
失敗したら食べられもしなくなる時が多いから、ショックがデカいんだよね。

          苺マカロン92

ここまでに何回失敗したかなぁ……。
今回も「大成功」とは決して言えないけど、とりあえずピエは出たし中も焼けてるし
表面も割れなかったし空洞も油ジミも無かったし、よしとしよう。

どアップ写真はアラが見えて恥ずかしいけれども
今回はこの表面のつるつる加減が嬉しいので載せちゃう。(白いけども)

     苺マカロン02

もたもたしてたら室温でクリームが溶けそうに。

ちなみに「苺ミルク」の「ミルク」要素としては
はさんであるバタークリームに練乳と牛乳を入れてあるのです。
どっちかだけでも良かったな。

          苺マカロン3

次はもっとうまくいきますよーに。
 


にせものに非ずのポンデケージョ

(2010-11-03)
いつもと違う製法でポンデケージョ。

          チーズミックスポンデ

某有名製菓用品店に粉を買いに行った時に、「チーズパンミックス」というのが
安売りしていたので、思わず買ってしまったのです。が、
この粉、よく見たらチーズ要素入ってないんでやんの。
「チーズを入れたらポンデケージョ(チーズ味もちもちパン)が出来るよ!」という
ものでした。そうでしたか。よく見てなかった。
確かに本来タピオカ粉やらを使うものだから、こういう専用粉があれば助かるやね。

まぁそもそも私はいつも白玉粉を使って作る「にせものポンデケージョ」なんで
こーいうちゃんとした材料でやるのもいいかもね。と思って今日のおやつに作りました。
うん、美味しいよ。いわゆる「表面はサクッと、中はもっちり」。

でもやっぱいつもの「にせもの」の方がもちもち感があって好みだな。
(今回のが好みだったら、白玉粉買わなくてよくなるなーなんて思ってたんだけどな……)
ちなみに今回、袋半分しか使わなかったのに結構な量(写真の通り天板1枚分)出来ました。
更に半分ずつにしたら、あと2回おやつに出来るわね。ふっふ。
 


カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別記事数
リンク
プロフィール

くろみや(黒友みやこ)

Author:くろみや(黒友みやこ)
 
個人HP新くろみや館の中の
食べ物ページです。
(通常の日記はHPに別に有り)

手作りお菓子や食事について
時々記録します。
(レシピ紹介ではないです)
たまに食べ物マンガも描きます。
 

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。