スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


栗メドレー ③ブッセが山盛り

(2014-10-31)
栗メドレー3品目は焼き菓子!! クリームにしてブッセにはさみましたよ。

          マロンブッセ06

前回の栗の渋皮煮、そのままでも美味しく食べたけど、元々クリームを作る予定だったので
裏ごし器なんて引っ張り出してきて(てか初めて使ったわ)、頑張ってこして
牛乳と砂糖を加えてクリームにしましてん。(相変わらず生クリーム不使用)

そしたらまぁ大量に出来まして。
元々予定してたお菓子(次回記事で書く)を作っても余りあるな……と思ったので、これを焼いた次第です。

        マロンブッセ02

小さいけど、要はスポンジ生地なのよね。ケーキの材料(卵・粉・砂糖)で出来るっていいね。
別立ての分、卵を泡立てるのが大変ですが。
天板に丸く絞って粉砂糖をかけて、ちょっと焼いたらもう完成。
(写真の白い部分は粉の焼け残りではなく粉砂糖っす)

          マロンブッセ16

小さいのやら歪んだのやら形も大きさも色々。これはこれでいいのですよ。

んで、クリームだけでは何なので、一緒にラムレーズンもはさみました。
一個につき1~2粒だけだけど。
でも、それでラムの香りが充分だったので、栗の風味を消さない為にもそのくらいでちょうどよかった。

          sマロンブッセ11


ところでですね……。
ブッセ祭りこの写真に載ってるのは、実は作ったののほんの一部です……。
こんなに多く出来るなんて……知らなかったよ……。
だって卵2個しか使ってないんだよ……? 卵のポテンシャルすごいわ。
天板5枚くらいになったので、何回も焼くのが大変でした。
それより……食べるのが大変だろって話だよ……。
48個出来たんですよ。
お菓子を作り過ぎる度に自分で数日かけて食べきってたけど、流石に
この量はムリだわ……。

と思ってたら、2日であっという間に食べ切りました。まさかだよ。まぁ軽いお菓子なんでね。
表面はかさっとしてて中はふんわり、軽いぶん濃いめのクリームとよく合います。

          マロンブッセ00

ちなみにこのお皿、私が持ってるので一番上品なものですが(貰い物)、お気付きの方もいましょうが
実はソーサーなのよ。なのですよ。
だって他にこんな柄つきの食器なんて持ってないのよ。
いずれカップと一緒にしれっとまた出てくるでしょうが気にしないで下さい。

          マロンブッセ04

今回は栗クリームがメインだったわけですが、ブッセ自体もなかなか美味しかったので
いつか他のものでもやってみたいです。抹茶とか苺のバタークリームとかいいよね。
でもその時は卵は2個でなく1個にしよう……うん。

          マロンブッセ09
 
スポンサーサイト


栗メドレー ①渋皮煮 ②栗ご飯

(2014-10-21)
栗を貰ったので色々作りました。自分で買わないから嬉しい!!
まずは渋皮煮。

        s渋皮煮01

そして栗ご飯です。

        栗ご飯03

届いた栗を持って「わーい」とひとしきりウキウキした後にいそいそ調理開始です。
渋皮煮って大変だと聞いていたけど(実際簡単ではなかったけど)、わりと面白かったです。
鬼皮(って凄い名前だよね)むくのも、だんだん煮詰まってツヤツヤしてくるのを見るのも。

           s渋皮煮06

向こう側に見えてる瓶にいっぱい詰まってますが、入りきらなかった分もあります。
潰してクリームにする予定もあったので多めに作りました。貰ったのの3分の2くらい。
(ちょっとこの写真は冷蔵庫から出したてで若干表面がザラつき気味ですが)

        s渋皮煮04

ちなみにこの葉っぱのお皿お気に入り。

んで、残りの3分の1は栗ご飯にしましたよ。こちらもたっぷり出来ました。
栗おこわ(もち米)と散々悩んで結局ご飯に。

           栗ご飯06

ちなみに背後に見えているのはこの日のおかずの豚バラです。焼いてお醤油かけただけの。
この日のメインは栗ご飯だからいいのです。(右はイカ団子入りのお吸い物)

        栗ご飯04

渋皮煮もご飯も、栗がほくほくで美味しかったです。あーこれが秋の味なのね。
この後も色々作ったので追々書きます。まずは渋皮煮と栗ご飯でした。

        s渋皮煮03
 


【マンガ】 ゼリーにするんだぜ

(2014-10-12)
daraiegohan_9.png

手っ取り早く「水で薄めて飲む」ってのもアリなんですけど。
味は変わらないけど、やっぱりゼリーの食感・のどごしってイイんですよね。

ちなみに、「少量あっためてゼラチン溶かす」の部分については、
通常ゼラチンは水でふやかしてから加えるもんなので(熱いとこ入れると変質したりダマになる)
詳しくは「ジュースの少量を少し温め、水でふやかしたゼラチンを加えて混ぜて溶かす」なのですよ。
「しまったぁ、間を省略し過ぎた絵を描いてしまった!!」と後から思ったんですが、
なんか調べたら、今はお湯にいきなり溶かしても大丈夫なゼラチンとか出てるらしくて驚き。
そっか……便利になったのぉ。
子供の頃から、小皿に入れた水に振り入れて、ぶよーんとなったのを指でつんつん
したりした(意外と指につく)のが懐かしいわぁ。
今もやるけど。それ。

飲み物を持て余す理由って「すっげ甘い」もしくは「味がうっすい」の二つが多いんでしょうが
昔から「甘くないゼリーほど美味しくないもんはない」と思っているので
後者の場合はやらずに、味とか関係無くなるほどキンッキンに冷やして運動後とかに飲みます。
……そもそも新商品に簡単にそそられなきゃいいってだけの話。
 


カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
月別記事数
リンク
プロフィール

くろみや(黒友みやこ)

Author:くろみや(黒友みやこ)
 
個人HP新くろみや館の中の
食べ物ページです。
(通常の日記はHPに別に有り)

手作りお菓子や食事について
時々記録します。
(レシピ紹介ではないです)
たまに食べ物マンガも描きます。
 

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。